ワキ汗の原因は?

ワキの下は汗腺が集まっているので身体の中でも汗をかきやすい場所です。
真夏の炎天下、太っている人が汗を拭きながら歩く姿をよく見かけます。汗は体温調節をする働きがありますから、肥満体の人は皮下脂肪が多くて体内の熱が外に出にくいため、体温が上がると、よけいにたくさんの汗をかきやすくなります。

精神的な影響でも汗が出ます。緊張や不安、ストレスなどを感じた時も交感神経神経を刺激することになり、ワキ汗がたくさん出ます。ストレスが過乗になると皮脂の分泌が促されて臭いの原因にもなります。これがワキガの原因とされています。
ワキ汗は無色透明で、ほとんどが水分ですから粘り気がなく主に体温調整の役目をするエクリン汗腺から出る汗で臭いの原因とはなりません。汗と一緒に流れ出る古い皮脂や角質が汗臭いのです。ワキガは乳白色で脂質やタンパク質などの成分が多く含まれていて粘り気があり、これらの成分を雑菌が分解する時に独特ないやな臭いを発生させるアポクリン汗腺から出る汗です。
その他、食生活関連では、たんぱく質の多い肉類をたくさん食べると体温が上がり、汗が出やすいと言われています。
ウオーキングでもストレッチでもいいです。ベイビーセンソーリーな適度な運動をして気持ちの良い汗をかきましょう。