いびきは何科で診てもらえるのか

いびきは、就寝中に何らかの原因で気道が狭まり、そこを空気が通る際に振動して音が発生する状態です。気道が狭まる原因には、肥満や飲酒、ストレスなどさまざまなものが考えられます。

また睡眠時無呼吸症候群をはじめ、アレルギー性鼻炎や鼻腔炎など何らかの病気が隠れている可能性もあるため、いびきがひどいときは放置せず、病院を受診して適切な治療を行いましょう。
しかし、いびきは何科で診てもらえるのかわからないという方もいるのではないでしょうか。大きな病院の中にはいびきを専門に扱ういびき外来を設置しているところもありますので、近くにあればそこで診察を受けるのがベストです。通える範囲にない場合は、まずは耳鼻咽喉科で診てもらいましょう。そのほか、口腔外科や内科、呼吸内科などでも治療を行っていることがあります。複数の診察科がある総合病院を受診し、受付で相談してみるのもいいでしょう。症状にあった適切な診療科を案内してもらえます。