目まいの原因にお酒がなる可能性がある

貧血で目まいがしている場合には、その原因の大きな部分は鉄分不足であると言ったケースがありますが、それ以外にもお酒を飲む量を減らすことで、貧血予防になる可能性があります。

基本的にお酒を飲んだ後というのは、まずは、アルコールの分解を体内で行うことになりますが、このアルコールの分解を行う為にビタミンB1が必要になると言われています。

このビタミンB1というのは、アルコールの分解に使う以外には、通常は、血流に関係する作用がある働きをしています。この為、ビタミンB1が不足すると、血流が滞る可能性が出てきます。ビタミンB1は、お酒を飲んで、体内にアルコールが入ると大量に消費される事になります。

この為、お酒を沢山飲む習慣がある人の場合には、どうしてもアルコールを分解する為にビタミンB1が大量に使われる事になるので貧血傾向の体質の人の場合には、血流が悪くなると言うことで、貧血の症状が起こりやすくなると言った可能性があるので注意する必要があります。