離婚について、離婚件数。

結婚をする幸せなカップルがいる一方で、離婚をする夫婦も年々増えているんだそうです。離婚とは戸籍上夫婦として成立している男女が、その婚姻関係を解消することを言います。事実婚の場合は、たとえ別れたとしても離婚にはなりません。

離婚をする動機として、性格の不一致や浮気、暴力、性的不満、異常な性格、酒癖の悪さ、浪費などがあげられます。結婚前にはわからなかったお互いの性格が、結婚をして一緒に生活をする中で不満に思うようになり、一緒に生活を続けることが出来なくなるケースが多いようです。また、長年連れ添った熟年の夫婦が突然離婚するケースも増えていて、近年では熟年離婚という言葉も普通に使われるようになりましたね。一年間に離婚する夫婦の数は約30万組ほどと言われています。結婚をしている夫婦の3組に1組が離婚をしているというから驚きですよね。さらに、正式に離婚はしていないけれど別居状態であるという夫婦もこの数字の他にもっといますので、かなり多くの人達が結婚生活がうまくいっていないということになります。昔に比べると離婚に対する意識が大きく変化してきているようです。
浮気調査 町田