インプラントが従来の入れ歯などと異なるところ

インプラントは失った歯の代わりに治療するものですが、これがこれまでの入れ歯と異なるところは、しっかり固定されるところになります。

入れ歯は義歯を金具で隣の歯に固定する方法を取りますが、インプラントだと人工の歯根を顎の骨に埋め込んでから義歯をその歯根に取り付けます。そうすることで入れ歯に比べてしっかりと固定されてもともとの自分の歯のように利用できるようになります。

実際に噛む力は圧倒的にインプラントのほうが強くなっています。入れ歯にすることで硬いものが噛めなくなったりしますが、そんな心配はインプラントならありません。

また、治療のときにブリッジという方法がありますが、これは取り付ける部分の隣の歯を削っておこなうために健康な歯に大きな負担となります。そこもインプラントなら削る必要がないから他の健康な歯を守ることができます。

このようにインプラントなら自分の歯に近い感覚で使用できて、しかも治療のときに他の歯に負担をかけずにできることが特徴となっています。これなら安心して長く使えるから選ばれています。

グリーン歯科クリニック 倉敷市 インプラント