胃痛による体重減少と疾患はツボ押しで解消

胃痛で体重減少が起きるのは、ダイエットやストレスの他に、どんなことがあるでしょう。具合を損ねるなどの理由で、体重減少が発生するということがあるようです。

拒食症は、体重減少が起きやすい症状の一つです。拒食症は太ることへの病的な恐怖心などから、食事ができるなくなる症状です。拒食症になれば、極端に摂取カロリーを減らしたり、食べたものを吐いてしまったりして、体重が増える事を極端に抑えようとする症状があらわれます。体重減少を目的に、必要もないのに下剤を使う人もいます。健康によくないことを理解していながらも体重を減らそうとするため、拒食症には突然死のリスクなどもあるといいます。そんなときは胃痛に効く手のツボを押しましょう。

体重減少の背景に、糖尿病がある場合もあります。人間の体は、食後に胃痛や血糖値が上昇するようにできています。通常、インシュリンの作用で上がった血糖値は下がりますが、糖尿病になるとこの機能が思うように動かなくなり、血糖値は高いままです。糖尿病の症状は、喉の渇きや、体重減少が起きることだと言われています。

体重の減少を引き起こす原因として考えられる疾患は、胃痛や慢性胃炎、胃がん、吸収不良症候群のほか、うつ病などいろいろなものが考えられます。体重減少は、起きたからといって絶対に治療が必要な病気になっているとは断言できません。カロリー制限や運動量の増加など、特段心当たりもないのにいきなり体重減少が続いたら、まずはツボを押してみたり 自分の体の状態を見極めて、問題が起きていないかをチェックしましょう。

胃痛に効くツボはどこ?