真性包茎と仮性包茎の違い

最近、包茎手術のTVコマーシャルや雑誌広告を目にすることがおおくなりました。しかし、包茎について誤った思い込みをしている人が少なくないのでここで少し取り上げたいと思います。

手術が必要な包茎とは

本当に手術が必要な包茎とは真性包茎だけあり、真性包茎の手術は保険適用となりますが、仮性包茎の場合は保険適用外となります。

つまり、真性包茎は一種の病気扱いとなりますが、仮性包茎は見た目だけの問題ということになります。

真性包茎は衛生面でも問題がありますし、また女性との性行為を行うことが困難、ひどい場合には排尿にも支障をきたすような状態となります。

ですから、手術が必要で正常な状態に戻す必要があります。

仮性包茎に手術は不要なのか

日本人のほとんどが仮性包茎であり、気にする必要など全く無いのである。ですから、仮性包茎の人は手術などする必要は全くありません。

日頃から、お風呂で清潔にするよう心がけたり、自慰行為や性行為のあとにもきちんと皮をむいてきれいにすればまったく問題ありません。

ABCクリニック